ペット葬儀社 1409
口コミ 5274(2021/07/30現在)

口コミ kuchikomi

投稿された口コミ

ペンネーム:ミッキー(PC F1UYeDE) イヌ(シーズ)   投稿日:2016/5/21(利用年月 2016年5月19日)

2016年5月、愛犬(シーズ犬14歳)が、永眠しました。この日を覚悟していたのですが、火葬のことについては、この日を迎えるまで考えたくなく、息を引き取った後、近日に愛犬を見送った友人に聞いたところ、2人とも「ペットの葬儀社へ頼めば火葬以外の色々な費用がかかり、ペットの火葬をしている町の斎場へ持ち込んで火葬してもらった。遺骨はどこに埋葬したか知らない」とのことで、斎場へ電話をしてみたところ「体重から料金は3、000円。時間内に持ってきていただければ、他から来たペットと一緒に火葬します。ペットに洋服など一切は受け付けません」などとの返答で、ゴミを焼却するような感覚であったため、「これでいいのか?」と自問自答し、ネットでペットの葬儀社を検索、火葬などの料金事後の供養などを参考に「動物の園」の存在を知り、電話で相談をしたところ「希望の火葬は、19,000円でできる。他一切の費用はかからない」とのことで、依頼することにした。指定した時間に係りのEさんが訪問したので、聞き足りない点について確認したところ、「火葬は火葬用の車両で行い、場所については原則人里離れた海岸や山で行う。火葬の立ち合いをしてもらう場合は、場所を指定してもらうことも出来る。希望であれば、火葬前の状態と火葬後の状態を写真撮影して、遺骨引き取りの場合は遺骨とともに渡せるが、今回共同墓地埋葬契約であることから、メールアドレスを教えてもらえばメールで写真を送ります。遺骨については、動物の園で一時保管し、8月に指定されたお寺のペットの共同墓地に合同埋葬した後、通知のハガキが来るので、以後何時でもお参りに行けます」など、こちらが不安に思っていることについて丁寧に説明をいただき、室内で棺への納棺、愛犬が身に着けていたお守り、好きだったおやつ、こちらで準備したお花、葬儀社が準備した六文銭、護り刀を添え、焼香台を設置、家族で焼香の後、Eさんからお経とお別れの言葉をいただき、出棺ということで車を見送りさせていただきました。このときの車が、火葬が出来る特殊車両でしたが、外観は一般的なワゴン車で、葬儀社の名前など書かれておらず、細かな点にも配慮していることが分かりました。Eさんから「明朝火葬しますので、終了次第写真をメールで送ります」とのことであったため、メールを待っていたところ、火葬前の状態の写真2枚、火葬後の骨になった状態の写真2枚が送られてきました。写真については、見えないところで適当に扱っているのではないかと思われないために行っているとのことでした。埋葬の通知が来たなら、墓前に花を手向けたいと思っています。長文の口コミとなりましたが、以後同じような立場に立った方のためにも、このような葬儀社があることを知っていただきたく書きました。