ペット葬儀社 1407
口コミ 5266(2021/07/27現在)

口コミ kuchikomi

投稿された口コミ

ペンネーム:うるし(PC SyHNAcw) ネコ(雑種猫)   投稿日:2014/5/8(利用年月 2014年4月7日)

飼い猫が亡くなり、ペット霊園を利用したばかりです。
自家用車で連れて行くと、スタッフの方が外に出て待っていてくれました。

流れをひと通り振り返ると、まずお線香をあげてお別れをできる部屋に連れて行ってくれます。
そこで同時に葬儀の段取りの説明をされます。
その後火葬場に行き、最期のお別れをして、お線香をあげてから遺体を釜に入れます。遺体はスタッフさんの手で慎重に釜に入れる台に横たえられました。
お骨上げまでは広めの和室で待ちます。1時間ぐらいだったかと思います。お茶と飴を出したらスタッフさんは退出するので、家族で猫の思い出話をして待ちました。
釜から骨が出されると、お骨上げをする前に「これはどこどこの骨です」とスタッフさんから説明がありました。
その後家族で骨を骨壷に移し、最期はスタッフさんの手で閉じられ、箱に入れられ、風呂敷で包まれます。
最期に観音様がいらっしゃるお部屋に連れて行かれて、観音様の前に遺骨を置き、お線香をあげてお祈りをします。
以上が葬儀の流れでした。お骨は一旦家に持って帰りました。後日納骨の予定です。

スタッフさんの対応はとても良かったです。丁寧で、遺体の扱いも骨の扱いも、大事に優しくやってくださっているのがよくわかりました。人間の火葬に立ち会ったのは一度だけの私ですが、記憶していた人間の火葬とほぼ同じように、厳粛に行ってくれました。

施設の規模は、最初に通されるお別れの部屋はおそらく2部屋、釜は2つ、お骨上げまで待つ部屋は大部屋で、5〜6家族ぐらいが待てるようになっていました。それぞれの座卓の間は屏風のようなもので区切られていました。

料金は、猫の立合い火葬で49,500円でした。多分立ち会わないで合同の火葬だと、23,500円だと思います。
骨壷は白で、壺の入る箱は金銀2色、好きな方を選べます。包む風呂敷も7色ぐらいの中から選べます。

一つだけ困ったことがありました。ホームページに、最初電話したらどういう話から始まるのか、ということが書いていなかったので、ちょっとわかりにくかったです。まったく初めての人にはちょっと不親切かな、と思いました。あと、合同火葬の金額は載っていましたが、それが合同のものだという表記はどこにもありませんでした。電話でひと通りの話を終えてから立ち会いの料金を知らされたので、予想より高くてびっくりしました。