口コミ返信用コメント

今から10年前に愛犬を霊園に連れて行きました。
市の施設にもっていくことも出来たのですが、ペットというより家族という感じで過ごしてきたため、
他の動物と一緒に火葬してしまうことに抵抗があったからです。

葬儀場所が山中でしたが、往復は自費でした。
会場につくと、棺となる箱を用意してくれており、そこへ愛犬を入れて、
仏壇の前で、読経をしていただきました。
この霊園は市内のお寺が運営していて、そこのお坊さんがお経を読んでくれたのですが、
どんな式になるのか不安だった私たち家族は、その説明を聞いて安心してお任せできました。
ご焼香をしたあと、今度は火葬になるのですが、
係りの方のペット葬儀にまつわるエピソードを聞かせてもらいながら、
愛犬が亡くなったばかりだというのに、穏やかな時間を過ごせました。
「ああ、煙になって、空に昇っていくんだねぇ」と、家族で白い煙を見ながら口にしていました。
最初は涙しながら愛犬を連れてきたのですが、骨をひろいながらスッキリした気持ちになったのを覚えています。
人間と同じ流れで送ってあげることで、愛犬の死を受け入れられたのでしょうね。

ここまでで、5万円ほどの料金です。
市の愛犬管理センターでは、もっと安い料金で火葬してくれるのですが、骨をひろったりはできません。
霊園に骨堂があるので、納骨をすすめられお願いしてきたのですが、少々料金が高かった記憶があります。
その後、霊園からは年に数回、お経を読んだりする催しのお誘いがハガキで届くのですが、一度行ったきりです。

値段の相場がよくわからずに霊園にお願いしたのですが、愛犬とちゃんとお別れする気持ちになるために、
当時は必要な儀式だったのだなぁ、と今振り返ると感じます。
知り合いは「高いね」とびっくりしていましたが、それは人それぞれの価値観で、
自分はとても満足していますよ。

スタッフからのコメント

ペンネーム:かずき(PC YDaaPNx) イヌ(雑種・小型犬) 投稿日:2014/3/16(利用年月 2003/10/05)

返信用コメントは投稿後、編集&削除はできませんので投稿する際はご注意ください。
万が一、コメントを修正または削除したい場合は、「お問い合わせフォーム」よりお問い合わせください。

PAGE TOP