ハルカゼヤシガイ

【2017/6/19】

ハルカゼヤシガイ…なんか可愛い名前ですね。

主に東南アジアに生息しているヤシガイの仲間です。

 

しかし見た目は、その名前とは違い、他の貝を食べる肉食で、大きさも最大で30 cm、一般的には17.5cmほどあります。

 

このハルカゼヤシガイが今月13日、熊本県天草市の大江港沖で発見されました。

国内で確認されたのは初めてとみられています。

その後、上天草市松島町の水族館に運ばれ、貝の専門家に見てもらい、台湾などに生息する「ハルカゼヤシガイ」とわかりました。

貝殻の大きさは約30センチ、重さは7.4キロあったそうです!(大きいですね〜)

 

ちなみに、学名はメロメロ(Melo melo)

貝の中で作られる真珠の”メロパール”は有名です。

…可愛いいですね♡

 

 

 

 

 

 

 

 

【2017/6/19】

PAGE TOP