ペット葬儀社 1413
口コミ 5370(2021/09/18現在)
葬儀社・霊園 search
  • ペット霊園

アニマルへブンペット霊園

長崎市草住町200-8
4件の口コミのうち
4
0
  • 共同墓
  • 個別墓
  • 納骨堂
  • 30kg以上可
  • 遺体引取り
  • ホームページ
  • 口コミ

淋しいとき、悲しいとき、楽しいとき、嬉しいとき・・・いつも一緒にいた、何もしゃべらなくても心が通じ合った素敵な友達。きっと、これからも心の中で思い出として、ず〜っと生きていきます・・・時々は、会いに来てくださいね。アニマルヘブンは、あなたが来られない時にやさしく見守っておきますね。大切な家族に、もう何年も何年も会いに来る方がいらっしゃいます・・・そんな優しい人たちのために、私たちはずっとここにいます。

口コミを見る 口コミを見る

基本データ

名称 アニマルへブンペット霊園
住所 〒850-0981長崎県長崎市草住町200-8
電話番号 095-879-2777
公式サイト http://animal-heaven.co.jp/
駐車場 未設定
営業時間 月~土 9:00~20:00
日曜日 午前中までの営業
掲載年数 10年目

アクセスマップ

長崎県長崎市にお迎え&訪問できる「オススメのペット葬儀社」

口コミ

4件の口コミのうち
4
0
口コミを投稿する 口コミを投稿する

ペンネーム:犬マニア(携帯 EgBwcxI) イヌ(チワワ) 投稿日:2019/8/31(利用年月 2019年6月5日)

納骨堂、火葬場が一番設備が整っていたのでこちらに決めさせていただきました。スタッフの方も優しくお声を掛けてくださり、初めてのことで戸惑っていた私はとても安心しました。料金も良心的で、納骨堂も契約させていただきました。
2人の方が参考になったと考えております。

ペンネーム:はいみ(PC HIgeOEt) ネコ(雑種) 投稿日:2015/6/5(利用年月 H24.6.26)

ここの利用は4回程になります。毎回猫ちゃんをお願いしており、親切な対応や配慮に感謝しています。4回目の利用に関しては猫の傷や汚れもあり、タオルを被せていましたがそのままにしておいてほしい事を伝えると快く引き受けてくれました。翌日のお迎えも優しい言葉かけもしてくださいました。料金も子猫だった為火葬と布壺一式6300円でした。すべて遺骨は持ち帰っていますが、家族が揃った際には納骨のスペースをお借りて供養をしていただきたいです。まだ2匹元気にいますので、まだ先になりますがこれからも利用させていただきます。

ペンネーム:kanade(PC MpcTalm) ネコ(ミックス) 投稿日:2015/3/21

近所にいた野良猫を自宅で飼い始めてから8年目に猫白血病で天寿を全うしました。
初めての事なのでお世話になっていた動物病院の先生に相談してご紹介を受けたこの霊園にお願いしました。
電話で火葬のお願いをしましたが、女性のスタッフの方が対応してくださり、手順や料金の説明を受けました。
ネコだったので火葬と骨壺込みで12000円[税別]、お迎えはプラス1000円[税別]という事でした。
猫とともに斎場には車で行き、待合所にある安置所に安置してお線香をあげてそのあとスタッフの方に案内されて
ちょっと離れた丘の上の火葬場に移動してお花とともに火葬していただきました。
時間としては1時間弱ほどでその間まちあいじょのほうで過ごしました。大きな国道に面した斎場で交通の面でもとても
便利な場所ではありますが、騒音など聞こえずとても静かに過ごすことが出来ました。
納骨は希望しなかったので小さな骨壺の中に納まった猫とともに帰宅しました。
納骨堂はひろくたくさんのねこちゃんわんちゃんが安置されていましたが、とても皆さんの愛があふれた場所で
心が落ち着きました。

ペンネーム:くろしらなみ(PC gnFCiUh) ネコ(ペルシャ) 投稿日:2014/9/13(利用年月 1994年5月)

もう二十年前ですが、結婚して初めて飼った雌猫が十二歳で老衰で亡くなりました。動物病院に勤めていた友人の推薦でアニマルヘブンというペット霊園に火葬をお願いしました。中心街から二十分程の車道沿いにある施設で、中まで入ることはありませんでしたが以前に車から何度か見かけたのは静かでこじんまりした感じの施設でした。電話をするとスタッフの方が丁寧に対応してくれて、手順や料金等についての説明を受けました。初めての事で何も判らないので、すべておまかせすることにしました。料金は全て含めて二万円弱だったと記憶しています。仕事等の事もあり無料ということで翌日お迎えに来てもらいました。未経験の方には不思議な感じでしょうが、おごそかな雰囲気で手渡して、発車の際にはお別れのクラクションも鳴りました。
翌日、小さな骨壷に入って彼女は帰ってきました。役所に引き取りを頼むような事はしなくて良かったと思い、人の葬儀の時のようにほっとしたのを今でも憶えています。数日後実家の庭の隅に埋葬しました。