南部動物愛護霊園

口コミを投稿する

口コミを見る(2)

共同墓個別墓納骨堂宗教フリー遺体のお迎え遺骨の配達ホームページあり [解説]

家族同様に暮らしてきた あなたの大切なペットちゃんに 真のやすらぎを・・・

家族同様に暮らしてきた、動物たちを手厚く葬り、永遠の眠りにつけるよう、県南三市(八戸、 十和田、 三沢)の中心に位置する閑静な鳥獣保護地区にペット霊園  南部動物愛護霊園を 開設いたしました。
わたしたち南部動物愛護霊園では、ご遺体の引取りから、火葬、納骨、墓地埋葬までをさせていただき、 ご供養出来ますよう努めさせていただきたいと存じます。

名 称南部動物愛護霊園
住 所〒039-2312 青森県上北郡六戸町大字下吉田字米沢81-2
電話番号0120-37-9444

※「ペット葬儀マップ」を見たとお伝えになるとスムーズです

URLhttp://aomoripetreien.com/
駐車場未設定
営業時間8:00~19:00
所属等
掲載年数6年目

グーグルマップに登録が無い葬儀社は世界地図が表示されます     大きな地図で見る

Facebookで 南部動物愛護霊園 にコメント (当サイトではなくFacebookへ投稿されます)


南部動物愛護霊園 の口コミ一覧

2 件の口コミのうち(1)(1)

これらの口コミは、ユーザーの方々の主観的なご意見・ご感想であり、お店の価値を客観的に評価するものではありません。
あくまでも一つの参考としてご活用ください。 また、これら口コミは、ユーザーの方々が訪問した当時のものです。
内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

三年前、大切な家族けんが老衰で亡くなり、こちらに火葬を依頼しました。雑種ですが、家族の一員だった大切な犬…いいえ…けん。(名前で呼ばせてくださいね)
亡くなって途方にくれていたところ、姉が火葬の依頼はどうするの?と聞いてきたので、どうするもこうするも何処に依頼していいかわからなかった私に、(南部動物愛護霊園)を紹介してくれました。
姉も数年前に愛犬、大切な家族を失ってこちらに火葬を依頼していました。立ち会いで、火葬が終わるまでその場所に居れるし、骨を骨壺に納める事も出来るからとても良いよと教えてくれました。
大切な家族だった…けん、独りぼっちでかわいそうと思い火葬が終わるまで立ち会えるならと(南部動物愛護霊園)に依頼しました。
火葬の種類は三種。
一…集団で火葬。
二…個別で火葬、その後骨壺にいれてもらった骨を取りに行く。または郵送。
三…個別で火葬。火葬の間待つことが出来る。骨を自分達で骨壺に納める事が出来る。

一は絶対にいや。集団で火葬って意味がわからない。
二は大切な家族だったはずなのに、火葬の間独りぼっちになるから嫌だし、他人に骨を拾わせるなんて…
自ずと言わず、三。
いざ、その日を迎えると、優しそうな方が建物の前で待っていてくれ、火葬する台に丁寧に寝かせてくれ、(最後ですから何か言葉をかけてあげて下さいと)声が上手く出ないくらい泣いていたら、(しばらく待ちますね)と優しく声をかけてくれました。
落ち着いてから、お願いしますと話すと…ではと扉を閉めて火葬が始まりました。
待っている間、お線香をともし続けて待つ事になっていたので、何本もお線香をたきました。
火葬が終わるまで、同じ建物の中にいてあげることが出来たし、骨を骨壺にいれてあげることも出来たので悔いのないお別れが出来ました。
南部動物愛護霊園様には、感謝しかありません。
悔いのないお別れが出来ました、ありがとうございます。

Good ペンネーム:ひできち(携帯 ESFDGTM) イヌ(雑種) 投稿日:2018/4/19(利用年月 2016年3月)

もう今から5年前の事になりますが、9歳になったばかりのポメラニアンと言う犬種のメス犬を亡くし、私は「南部動物霊園」という所へと火葬を依頼しました。火葬代は、小型犬でしたので、15000円+消費税という額でした。この金額にも「焼き方」という選択肢があり、他の他界した犬や猫を集め、一週間に一度だけ火葬するというのを選択すれば8000円で、自分のペットだけを個別に火葬すれば15000円、個別に焼くのに立会い、尚且つ骨を自分自身で拾うのであれば20000円と言われました。これは小型犬種の料金だそうです。多分、中型・大型犬にはそれ相当の金額があると思われます。
私は、この選択肢の中でも「集団として焼かれる」というのはどうしても受け入れる事ができず、私は個別に焼いてもらい、それを指定の時間になったら取りに行くと言う方法を選びました。この料金については、私はペットの保険に加入していたので、この金額の全てが保険から賄う事ができました。
この霊園に、私は初めて娘と一緒に行きましたが、そのずさんさに私の娘は涙が溢れていました。と、いうのも、このペット達を焼く担当だと思われる年配の男性が、私たちの目の前で、大きな「ビタワン」と書かれた犬用のペットフードの袋を重そうに持ち歩き(霊園の外で)、「それっ!」と言うように土の上へと放り投げたのです。すると、そこから、茶色い物体が半身を出しました。それは、もう冷たくなっただろう柴犬だったのです。それを目の当たりにしたうちの娘は、「うわぁ~、嫌だ~。ポポがあんな風に投げられるのは嫌だ~」と泣きじゃくりました。しかし、それでも、私達のこんな田舎町にはその霊園に頼むしか方法はなく、私達は15000円だというコースを選んで一旦帰宅をし、数時間後に亡き愛犬の骨を取りに行きました。
他の業者へと頼むすべも無い私達家族は、そこで火葬し、犬の集合的なお墓へと埋葬してもらい、私達は、そこの専属の和尚さんに供養をして頂きました。当時、高校生だった娘は、今でもその光景は頭から離れないのだと話しています。

Bad ペンネーム:popochan(PC VWfbtJY) イヌ(ポメラニアン) 投稿日:2014/3/23(利用年月 2009年1月)

口コミを投稿する

PAGE TOP
Copyright (C) ペット葬儀マップ All Rights Reserved.