ペット葬儀社 1413
口コミ 5372(2021/09/21現在)
葬儀社・霊園 search
  • ペット霊園

観音台ペット霊園

伊予市上吾川乙2123
3件の口コミのうち
3
0
  • 共同墓
  • 個別墓
  • 遺体引取り
  • 遺骨お届け
  • ホームページ
  • 口コミ

いままで家族同然に暮らしていたペット…… 亡くされたご家族の方は、深い悲しみに包まれていると思います。観音台ペット霊園では、愛するペットの魂が安らかに眠れるように一貫したセレモニーを行い、ペットのための御供養のお手伝いを心を込めてさせていただきます。

口コミを見る 口コミを見る

基本データ

名称 観音台ペット霊園
住所 〒799-3112愛媛県伊予市上吾川乙2123
電話番号 0120-967-337 089-967-337
公式サイト http://www.kannondai.jp
駐車場 あり
営業時間 8時~19時
掲載年数 10年目

アクセスマップ

愛媛県伊予市にお迎え&訪問できる「オススメのペット葬儀社」

口コミ

3件の口コミのうち
3
0
口コミを投稿する 口コミを投稿する

ペンネーム:ケイ(携帯 QhcTWFc) イヌ(柴犬) 投稿日:2019/12/6(利用年月 2019年12月)

当初、口コミやHPから良さそうな別の業者さんに火葬等お願いしようとしましたが、載っている電話番号は現在使われておらず落胆していたところ、親戚から「丁寧にしてもらったよ」と聞き急遽連絡し利用させてもらいました。電話応対も担当の方も丁寧で、時間通りに来て頂き説明も分かりやすく、お骨も時間よりも早く届けて頂きました。選んだ骨壺・袋も可愛いくて合計金額も予想より良心的でした。こちらにお願いして良かったです。ありがとうございました。

ペンネーム:ともにこ(PC rUucuGx) ウサギ(ミニウサギ) 投稿日:2014/6/15(利用年月 2004年5月)

以前買っていたウサギが3年で死んでしまいました。
ミニウサギといっても犬で言うと小型犬くらいあったので、山に埋めることができずペット葬儀社をネットで探してしてもらうことにしました。
最初は、電話で火葬をお願いしたいと話しました。スタッフは男の方で電話の対応はとてもよかったです。スタッフの方がすぐにお越しくださいとおっしゃってくださったので
車で30分はかかりましたがいきました。
施設は私が行った時はできたばかりで、プレハブみたいな感じでしたがきちんと火葬するところもあり場所は焼き場なので山のとても見晴らしの良いところでした。
料金は、重さで決まるみたいでしたが一番安い金額の1万円ほでで火葬してくださいました。
お墓は、個別に建てることができるみたいでしたが、買っていたウサギは寂しがり屋だったのでみんなと一緒にいられるように合同納骨堂にいれてもらうようにしました。
それと、一週間だけですが骨壷にいれて家に持って帰りました。今は、できるのかわからないのですが・・・。
その後、合同納骨堂にいれてもらい1年間はご供養板を飾ってもらい骨は3年したら土に還すとのことでした。

ペンネーム:コウヤ(PC HdXKQhy) イヌ(雑種) 投稿日:2014/5/29(利用年月 201201029)

ペットの死を直接体験したのは初めてでした。ちょうどこのころペット霊園の詐欺事件が頻繁に報道され、犬や猫の死骸を山に捨てて料金を請求する業者が多く、インターネットで口コミの情報を調べ、実際に火葬場まで一緒に行けることを条件に『株式会社観音台ペット霊園』を選択しました。料金体系は基本料金当時4000円に重さ1キロあたり500円の加算式でした。また火葬場までの同伴して骨を拾うのに1000円の加算。骨壺に関しても1000円3000円5000円10000円のものが用意されていました。埋葬先に関してもペット霊園内にお墓を構える50000円またオプションも各種あり、数珠などを含めた多種多様な商品がありました。個人的な意見ですがあんまりにもペットを商品化してしまってる感じが嫌で骨壺3000円あと基本料金と随伴の1000円で済ませました。家族は見たくないといって一緒にはいきませんでしたが、自分はどうしても疑ってしまう性格なので随伴を希望しました。スタッフの対応は親切で丁寧、迎えに来た車も人間ほどはでではないですがきちんとした車に敷物を含めて綺麗にまとめられていました。燃えていくペットを前にじっとその場で立っているスタッフ、相手の立場になって物事を考える難しい職業であるとともに、ある意味では全てのことを他人事で片づけれない人には勤まらない仕事なのだと働いてる人の横顔を見て感じとりました。ペットの葬儀などはおそらく贅沢な分類になると自分は考えています。それを本気で仕事ができるペット葬儀屋には善人か悪人かどちらかしかいないとふとそんなことを考えました。今はなくなったうちのチビが自分を静かに見守ってくれていることを切に願っています。