ペット葬儀社 1403
口コミ 5203(2021/06/17現在)
コラム column
ペット葬儀お役立ち情報

亡くなったペットを自分で火葬&土葬しても良いの?【火葬はNG 土葬はOK】

亡くなったペットを自分で火葬&土葬しても良いの?【火葬はNG 土葬はOK】

亡くなったペットを弔う方法のひとつである火葬ですが、ペット火葬業者に依頼せずに自分で火葬することは出来るのか(しても良いモノか)?

地方に住んでいて、自宅付近にペット火葬業者がない!

自宅に大きな庭があり、火葬しても近隣に迷惑が掛からない場合は、自分で火葬できるのではないか?

そう考える方もいらっしゃるかと思います。

結論から言いますと…

・自分で火葬するのは 違法
・自分で土葬するのは 合法

となります。

自分で火葬するのは違法

大切なペットだから、自分で火葬して弔いたいと思っていても、自分でペットを火葬するのは廃棄物の処理及び清掃に関する法律(焼却禁止)第16条で禁止されているのです。

廃棄物の処理及び清掃に関する法律

第16条の二 何人も、次に掲げる方法による場合を除き、廃棄物を焼却してはならない。


① 一般廃棄物処理基準、特別管理一般廃棄物処理基準、産業廃棄物処理基準又は特別管理産業廃棄物処理基準に従つて行う廃棄物の焼却


② 他の法令又はこれに基づく処分により行う廃棄物の焼却


③ 公益上若しくは社会の慣習上やむを得ない廃棄物の焼却又は周辺地域の生活環境に与える影響が軽微である廃棄物の焼却として政令で定めるもの

動物は法律上、廃棄物に分類され、上記に違反した場合は5年以下の懲役または1000万円以下の罰金が科せられます。

このように、法律上でも取り締まりされていますが、自分でペット火葬すると、火葬の際に発生する臭いやダイオキシンなど有害物質は環境汚染にもなり、近隣住民の迷惑になります。

一方でペット火葬業者では、煙や臭いを出さないために、火葬炉は2段階方式になっています。

1次燃焼室で燃焼し、煙や臭いなどの有害物質を、2次燃焼室で燃焼させる構造になっています。

このような観点からみてもご自身でペットを火葬してはいけないのです。

自分で土葬するのは合法

ペットの土葬はどうでしょうか?

こちらも結論から言いますと…「私有地に土葬するのであればOK」です。

ペット火葬業者が今ほど多くなかった頃は、亡くなったペットを土葬していた方は多くいました。

土葬のメリットは、亡くなったペットが「土に還る」という思想に沿って埋葬できる点が挙げられます。

また、土葬の場合は火葬と違って、燃料を必要としないため環境にやさしい供養方法だといえます。

しかし、土葬するにはある程度の深さや広さが必要になり十分な庭(私有地)を保有している事が必須となります。

また、土葬された遺体が腐るとその影響が地下室に及ぶ可能性があり、衛生面の問題が挙げられます。

過去に土葬された遺体が原因で感染症が引き起こされた事例などもあります。

なお、私有地以外の場所に埋めることは、不法投棄として問題となる可能性が高いため注意が必要です。

まとめ

ペットをどのように弔うかは、飼い主の判断にゆだねられます。

必ず火葬しなければいけない。

と言事もありませんし、十分な土地があれば土葬して、土に還すという考え方もあります。

しかし、私有地であってもご自身で火葬することは違法になることは覚えておきましょう。

土葬に関しては、違法ではありませんが、私有地に埋める事と衛生面に配慮することを忘れないでください。

ペット葬儀でお困りの方はペット葬儀ホットラインをご活用下さい

私たちペット葬儀マップではペットの火葬等で悩んでいる方々がいつでも相談できる窓口【ペット葬儀ホットライン】を開設しております。

・ペット火葬業者を紹介して欲しい!
・ペットの安置ってどうやればいいの?
・服装はどうしたら良い?

ペット火葬をする上で心配・不安な事があれば一人で悩まずに、以下のペット葬儀ホットラインにご連絡ください。

ペット葬儀ホットライン電話番号

▲LINEでは24時間いつでもお問合せいただけます

ペット霊園専属のスタッフ、ペット葬儀マップ運営陣がしっかりと対応させていただきます。

少しでも皆さまが安心できるペットのお葬式ができるように、私たちは皆さまがペット葬儀の中で知りたい事、為になる事、大事な家族のお別れについて、なんでもご相談くださいませ。