ペット火葬業者 1550
口コミ 8349(2024/07/14現在)
コラム column
ペットに関する豆知識

トカゲの寿命は?【かかりやすい病気や亡くなった後の対処方法】

トカゲの寿命は?【かかりやすい病気や亡くなった後の対処方法】

ペットで飼育されることが多いトカゲ。

今回はトカゲの寿命やかかりやすい病気、そして亡くなった後の火葬についてまとめましたので、これからトカゲを飼育しようと思っている方や現在飼育している方の参考になれば幸いです。

トカゲの寿命

ハムスターの寿命

トカゲの寿命は種類によって異なります。

一般的には。小型種では5年から10年程度、中型種では10年から20年程度、大型種では20年以上生きる場合もあります。

ただし、飼育下での環境や餌、ストレス、病気などによって寿命が大きく変わることもあります。

適切な飼育環境や食事、定期的な健康診断などを提供することで、トカゲの健康と寿命を最大限に延ばすことができます。

トカゲの特徴

ハムスターの特徴と行動

トカゲは爬虫類の一種で、世界中に6000種以上が生息しています。

以下に一般的なトカゲの特徴をいくつか挙げてみます。


外見

体形は細長く、四肢を持っている。
体表には鱗が覆っており、模様や色彩によって種類が異なる。
多くの種類が尾を持っており、尾を自切することができる。
多くの種類が舌を飛ばして、獲物を捕らえることができる。


食性

肉食で、昆虫、小型の哺乳類、鳥類、他のトカゲなどを食べる。
捕らえた獲物を丸呑みにすることが多い。


生態

温帯から熱帯にかけて広く分布し、地上や樹上など、様々な環境に適応して生息する。
種によっては、夜行性や水生性のものも存在する。
温度調節のため、日光浴や地中に潜るなどの行動をとる。


以上が、一般的なトカゲの特徴です。
ただし、種によって特徴が異なるため、詳細は各種類ごとに調べることをおすすめします。

トカゲがかかりやすい病気

ハムスターがかかりやすい病気

トカゲがかかりやすい病気には、以下のようなものがあります。


消化器系の病気

消化不良や腸閉塞、寄生虫感染などが起こることがあります。
食欲が低下したり、便の状態が異常になったりする場合があります。


呼吸器系の病気

感染症や気道閉塞、肺炎などが起こることがあります。
咳やくしゃみ、呼吸困難などがみられる場合があります。


皮膚病

真菌感染や寄生虫感染、外傷などにより、皮膚の炎症や腫れなどが起こることがあります。
皮膚の色や模様が変化する場合があります。


骨格系の病気

骨折や脱臼、骨代謝異常症などが起こることがあります。
肢体が不自由になったり、異常な体勢をとる場合があります。


トカゲがかかりやすい病気は、種類や飼育環境によって異なるため、予防するためには、適切な飼育環境を整え、定期的に獣医師に健康診断を受けることが大切です。

また、症状が見られた場合は早めに獣医師に相談することが必要です。

トカゲが亡くなったら確認する事

ハムスターが亡くなったら確認する事

トカゲが亡くなった場合、以下のようなことを確認することが重要です。

呼吸・循環器系の確認

呼吸が止まっているか、心拍がないかを確認します。
喉の腫れや炎症があるか、舌の色が変わっているかなど、呼吸器系に異常がないかを確認します。
血管や心臓の異常がないかも確認します。


消化器系の確認

腸内に異物が詰まっているか、腸が詰まっていないかを確認します。
肝臓や腎臓などの臓器に病変がないかも確認します。


皮膚・筋肉・骨格系の確認

皮膚に病変があるか、筋肉や骨格に異常がないかを確認します。
骨折や脱臼、関節の炎症なども確認します。


これらの確認は、トカゲの種類や死亡原因によって異なる場合があります。

死亡原因が特定できない場合は、獣医師に検査を依頼することが必要です。

また、死亡したトカゲの処置には、適切な方法を取ることが重要です。

自治体によっては、ペットの死体処理に関する規定がある場合がありますので、確認してから処分するようにしてください。

トカゲは火葬した方が良いのか?

ハムスターは火葬した方が良いのか?

トカゲが死亡した場合、火葬することが一般的な方法です。

火葬することで、感染症を防ぎ、環境に悪影響を与えないようにすることができます。

ただし、地域によってはトカゲの火葬についての規制がある場合がありますので、事前に自治体や火葬業者などに確認し、適切な手続きを取るようにしてください。

また、自宅でトカゲを埋葬することも可能ですが、地域によっては規制がある場合があります。

トカゲを埋葬する場所は、公共の場所や他人の土地ではなく、自分の所有する土地であることが望ましいです。

さらに、土地によっては地盤沈下や水質汚染などの問題が生じることがあるため、地域の規制やガイドラインに従って行うようにしてください。

ペット葬儀でお困りの方はペット葬儀ホットラインをご活用下さい

私たちペット葬儀マップではペットの火葬等で悩んでいる方々がいつでも相談できる窓口【ペット葬儀ホットライン】を開設しております。

・ペット火葬業者を紹介して欲しい!
・ペットの安置ってどうやればいいの?
・服装はどうしたら良い?

ペット火葬をする上で心配・不安な事があれば一人で悩まずに、以下のペット葬儀ホットラインにご連絡ください。

ペット霊園専属のスタッフ、ペット葬儀マップ運営陣がしっかりと対応させていただきます。